新興技術ソリューション

サービス

概要

ブロックチェーンは情報技術の世界に革命をもたらし、日本テクノロジー社はコンセプトの証明を開発しビジネスにもたらす可能性のある変化を実証することでレースに先駆けています。

下記はブロックチェーン技術対伝統的な技術の簡単な図です。

Traditional_Methods
Blockchain

ネットワークのメンバーは自分の元帳且つその他の記録を保持します。

短所:高価、非効率的、脆弱等。

ネットワークのメンバーはトランザクションレコードを共有する事が出来ます。皆様は元帳のコピーを持っています。

長所:経済的、効率的、低脆弱。

日本テクノロジー社は普及しているブロックチェイン技術プラットフォームとアプリケーションの開発に必要な関連技術スキルの能力を開発しました。

サービス:

  • ブロックチェーンを使用できるユースケースの開発
  • ソリューションの概念化
  • ソリューションのアーキテクチャと設計 - ブロックチェーンプラットフォームのコア部品の指摘
  • 指定されたユースケース及び業界に適切なプラットフォームの選択に関する勧告
  • ブロックチェーン技術を使用する為の概念実証の開発
  • ブロックチェーンテクノロジを使用したアプリケーションの設計、開発、展開
  • ブロックチェーン - トレーニング&プロジェクトのケーススタディ

プラットフォーム・技術能力:

  • Multichain, Hyper ledger Fabric, Ethereum
  • Golang, Angular JS, Node JS, Express JS, C++, Java

プロジェクト/ POC:

  • E-証明 - プロジェクト
  • クロスボーダー送金 - POC
  • 保険(主張処理) - POCの概念化
  • 手形割引 - POCの概念化
  • 貿易・貿易ファイナンス - POCの概念化
  • E調達ー の概念化

概要

日本テクノロジー社は従来の設定からSMACが推進する進化し続ける新しいモデルに移行するビジネスモデルのデータと分析の重要性が認識されています。

日本テクノロジー社は以下のポイントを考慮してアナリティクス実践を作成しています。(a)顧客へのサービス提供を拡大する(b)アナリティクスのスペースで爆発的なビジネスチャンスを資本化する(c)プロアクティブ分析POC/ソリューションで既存の顧客に付加価値を提供する。

日本テクノロジー社の上級管理職は銀行、製薬、製造業等の業界全体の経験に基づいて、事業戦略、オペレーションとガバナンスにおけるデータの重要性を理解している専門家で構成されています。

ポートフォリオ

BELLADATIアドバンストアナリシスソリューション

  • 銀行、証券、保険会社
  • 小売 - 消費者パッケージ商品 -eコマース
  • 教育 - 図書館、大学、高校
  • 物流、出荷
Belladati Why

私達のプロジェクト

ユースケース

ユースケース1:ATMアナリティクス

より価値を現在のお客様に提供する為の銀行のデータ駆動型戦略は以下です。

  • 場所によって顧客の使用状況を理解する
  • より良いATM配置決定を行う
  • ATMの可用性/問題のリアルタイム監視の実行
  • 失敗の分析
  • 報告サイクルを高速化
ATM_Availability
Analysing Failure
Analysing Volumes

ユースケース2:インフラストラクチャアナリティクス

インフラストラクチャのサポートは潜在的な失敗の様々なポイントを持つ複数のシステムやネットワークに跨っています。組織は様々なソースからのレポートとアラートを効率的に管理及び報告する為に中央の企業全体のダッシュボードに統合することが苦労しています。

日本テクノロジー社は様々なソースシステムの主要なパフォーマンス指標を統合して追跡する分析ソリューションを実装し、必要に応じて2レベルのコンテキスト依存ドリルダウンを使用してユーザーと管理者が中央ダッシュボードにアクセスできるようにします。

Infrastructure Analytics
Infrastructure Analytics
Infrastructure Analytics
Infrastructure Analytics

概要

Internet of Things(IoT)Analyticsとはインターネットに接続されたコンピュータ以外のデバイスにより取得したデータを分析して調べることを指します。センサ、ネットワーク終端装置、他のデータ格納及び送信装置はIoT環境におけるデータ収集の為の重要な構成要素であり、分析が実行される。

製造と予測のユースケース

ビジネス上の問題

メンテナンスサービスは常に重要ですが、設備がより複雑且つ自動化されるにつれて、設備を維持する為に必要な資源及び技能が不足し高価になっている。機器の所有者、賃借人は貴重な資産を管理し維持する為の代替案を模索しています。 予防的なメンテナンス(予測的ではない)は高価になり、マシン障害、緊急修復活動、予期しないダウンタイムのリスクがあります。

IOTアナライザを使用したソリューション

適切な予測保守能力により、メンテナンスチームと設備部品の配備は実際に必要な時のみ行われるため、稼働時間と製品品質を低コストで保証できます。

弊社のアナリティクスソリューションはIoT(Internet of Things)とアジャイルアナリティクスを統合された予測保守ソリューションに組み込むことができます。

IoTデータコレクタは操作ダッシュボードを使用してリアルタイムのセンサステータスと値を監視します。 セミクリティカル値に達するとアラートが発生します。

弊社のソリューションはデータを継続的に分析して顧客を支援します。

  • 根本原因とそれに伴う障害の可能性を特定すること。
  • 機械部品が故障する前に定量化された信頼レベル内で動作できる最大時間を予測します。
  • センサーのデータをモニターして機器の状態を判断する。
  • 重要なタスクに集中してリアルタイムのアラートを提供するインテリジェント保守スケジュールをデザインします。

概要

ロボットプロセス自動化(RPA)は人間の作業者がビジネスアプリケーションを操作する為の代理となるソフトウェアのデザインです。 組立ライン、有料ブースの自動化、セルフチェックアウトカウンターなどの従来の自動化とは異なります。RPAはスマートソフトウェアであり、大量の反復可能なタスクを実行するアプリケーションであり、通常は地上であり、人間が実行するのに長い時間が掛かります。

RPA - 進化:

Evolution-RPA

RPA – 特性とメリット:

RPA-Characteristics

RPAプロセス

本格的なRPAソリューションは以下に表れています。:

Robotic_Process_Automation

RPA 能力

日本テクノロジー社の RPA能力:

RPA-Capabilities

日本テクノロジー社の利点:

Nihon-Advantages

弊社のプロジェクト

使用ケース:

使用ケース 1:A / C支払処理:

Payable-Process

使用ケース 2: インフラストラクチャ サービス:

Infrastructure-Services