グローバル化サービス

Our Globalisation Services

Technical Intern Training Program (TITP) Services

会社紹介

会社紹介

Confederation of Indian Industry (CII)とNihon technology Private limited(NTPL)は、インド政府がインドで承認された組織で、インドの青少年に技能を習得させ、「インドのメイクイン」ビジョンを実現するための技術インターン研修プログラム(TITP)で日本と協力しています。NTPLは、世界中の日本企業向けにITソリューションとグローバリゼーションサービスを提供しています。NTPLは日本に送る前に日本語、仕事文化、そして方法でインド人を訓練します。

Important Event Photos

IMPORTANT EVENT PHOTOS

Farewell party in Japan and met Japanese Counslator
Farewell party in Japan and met Japanese Counslator
First Batch sucessfully arrived to Japan
First Batch sucessfully arrived to Japan

First day in Maxell
First day in Maxell
Group of first batch
Group of first batch

Our Student in CII brochure
Our Student in CII brochure


Welcome Event
Welcome Event Conducted in Osaka on 19th July 2018 for our 1st batch interns
SendOff Event
Send-Off Event Conducted by Japanese Consulate in Chennai on 14th July 2018 for our 1st batch interns


NSDC
2018年3月28日,NSDCは送出し機関として認定されたCII-NTPLに祝辞を述べた。
Facilitation
2018年3月28日、第1期生はShri Dharmendra Debendra Pradhan(石油天然ガス大臣、技能開発・企業促進大臣)より祝福を受けた。


Inauguration
参議院議員の宇都隆史さんが第2期生の訓練開始式に参加されました。
Interaction
参議院議員の宇都隆史さんと第2期生の交流の様子。

Brochure

Training Video

1st Batch Trainees


「授業風景 実習生による解説」

「授業風景 会話練習」

「授業風景 会話発表」

「授業風景 会話練習」

Self Introduction Video

Self Introduction Video - 1st batch Trainees

Self Introduction Video - 3rd Batch Trainees

モハメッド

ナンビ

ジョンシン

チャンドラン

サクティ

ジェイ

ラム

カリヤン

シャラット

ラジット

ムケシ

ビノット

サラン

スダ

Frequently Asked Questions

Have a question? Please check our knowledgebase first.

TITPは何ですか?

技術インターン研修プログラム(TITP)は、一定期間(最大1年から5年間)、これらの国からの人々を受け入れ、OJT(On the Job Training)を通じてスキルを移転することによって、途上国に貢献することを目指しています。

CIIとそれらの役割はだれですか?

Confederation of Indian Industryはインドの産業の最も大きい協会です。

CIIには、インドに66の事務所があり、日本に駐在員事務所を含む9の国際事務所があります。

CIIは、インド政府が技術インターントレーニングプログラムで日本と協力し、インドの若者が技能を習得し、「インドのメイクイン」ビジョンを実現するのを助けるために承認した重要な送付機関の1つです。

CIIとNihon Technologyとの関係は何ですか?

CIIとのコンソーシアムパートナーであるNihon Technologyプライベートリミテッド(NTPL)は、世界中の日本企業にITソリューションとグローバリゼーションサービスを提供しています。

NTPLはCIIと提携し、日本に出発する前に、日本語、仕事文化、方法でインド人を養成します。

資格は何ですか?

3年間に渡るポリテクニック、またはITIの2年間で合格。メカニカルが好ましいが、他のものも適格/考慮される。

全体のプログラムについて簡単に説明してください?

日本工業技術センターが合格者を選定し、日本に3年間インターンシップします。日本に送る前に、基本的な日本語と日本文化を習得します。 候補者には給食と宿泊費を支払うための奨励金が支払われます。その後、候補者は日本国内に一定期間(最高1〜5歳)の給与で日本に居住します。 インターンシップの完了後、候補者はインドに戻ります。インターンシップを成功裏に完了し、候補者がインドに戻ると、CIIとNTPLはインドの候補者に適した仕事を見つけるのを手助けします。

選択手順は何ですか?

インターンの選択は、純粋にインタビューの資格と良いパフォーマンスに基づいています。適格な候補者を特定するために、適性テスト、英語テスト、集中テスト、身体検査、基本的な健康診断など、さまざまなテストがNTPLで行われます。

インターンシップの持続時間は何ですか?

インターンシップは3レベルあります。

  • デフォルトでは、すべて3年間のインターンシップです。
  • 日本企業がインターンシップの延長を希望する場合は、最大5年間延長することができます。
  • また、1年間のオプションもあります。

インターンシップやインドに戻った後にはどうなりますか?

インターンシッププログラムの完成の後に、候補をインドに返すでしょう。インドに帰国すると、CIIとNTPLは候補者がインドで適切な職を探すのを手助けします。

何かトレーニング料金が3~5年間のインターンシップの間、ありますか?

はい. 3 - 5年のインターンシップには、訓練費があります. 候補者を日本に派遣した後、金融機関や銀行からローンとして提供され、その後12ヶ月から18ヶ月間、日本の月次EMIで控除されます. つまり、候補者がインドにいる場合、料金はかかりません. しかし候補者はインドで毎月の奨励金を支払われる。

何かトレーニング料金が1年間のインターンシップの間、ありますか?

いいえ.1年間のインターン期間には、実施機関によってトレーニング費用が支払われます。

教育カリキュラムに関する何らかの考えを与えてくれますか?

日本語教育は有資格の日本語教師が行います。標準的な日本語テキストブックがトレーニングに使用されています。実践的な会話スキルを強化するために、インターンは、会話スキルを開発し、日本で実際に出会う可能性のあるシナリオを提示することによって、クラスルームで訓練されます。

使用される教材は、何ですか?

Marugotoは、主に会話スキルに集中するためのクラスを提供するための主要教材として使用される教科書です。

参考資料「みんなの日本語」、「絵カード」、「音声データ」、「ビデオ」、「ビジネスマナー教科書」などです。

候補はトレーニングの期間、日本の試験をJLPTに書くことができますか?

はい。候補者はJLPT試験を書くことができます。

日本語以外の教育はありますか?

インターンは、日本語のクラスとは別に、日本の文化やマナーを学んでいます。彼らは5S、衛生、時間管理などのチームで毎週レポートを提出するようにされ、計画方法、スケジュール管理能力などのコーチングが提供されます。私たちは、カリキュラム開始の1週間目から、マナーなどの基礎知識を習得し、早期から日本語のマナーを習得できるように指導します。

どんな貿易とどのセクターで、それらはインターンシップ制の間、日本で列車になるでしょうか?

現在メカニカル/エレクトリカル/エレクトロニクス。しかし、将来的には72セクターの可能性がある。

日本でのプレースメントについて説明してください?

インドでの選考を成功裏に完了した後、インターンは、日本のパートナー企業の1つに月々のインターン給与で配置されます。

インターンシップの期間は、1年または3年とすることができ、日本でのインターンシップの実績に基づいて最大5年間まで延長することができます。

ビザ、チケット、保険は会社が提供します。

宿泊施設、交通機関は日本のパートナー企業が提供する

食糧その他の費用は研修生の負担とする。

3〜5年の候補者、トレーニングローンおよびその他の費用は、日本への留学後18ヶ月間にわたって控除されます。

1年間の候補者は、すべての費用は実施会社によって支払われます。

何か候補によってサインされるべき協定がありますか?

はい、選択後、候補者とNihon technologyは契約書に署名します。

インターンシッププログラムで日本に問題が発生した場合は、候補者が日本に入国する際のサポート/施設は何ですか?

保険、宿泊施設、交通機関は会社によって提供されます。それ以外はNihon Technologyが受理機関としてパートナーシップを持ち、日本滞在中の希望者の世話をします。

トレーニングの完了後、どのようなJOBの女の子の候補者は、日本の技術で行うのだろうか?

候補者は、日本のパートナー企業のいずれかに配置されます。ほとんどの女の子候補者はエレクトロニクス関連の仕事に割り当てられます。しかし、将来的には72セクターの可能性がある。

彼らはインターンシップ制の間、何か賃金損失補填を得るのであるかどうか?

会社に欠席した場合の賃金損失補償の可能性がある。

日本の研修プログラムでこの候補者の政府の役割は何ですか?

政府の承認された会社だけが候補を日本に送る資格があります。また、日本で候補の世話をする政府の承認されたsupervising組織があります。

ボーナス支払いはありますか?

はい、候補が良い性能で首尾よくインターンシップを完成すると、彼はインドに戻っている間、賞与の支払で適任になるでしょう。

プロモーションはどうですか?

日本語の継続的な改善と技術スキルのアップグレードは、ケースバイケースでプロモーション/ボーナスを提供します。

候補がインターンシップの完成の後にインドに戻るとき、何が起こるでしょうか?

インターンシップの終了後、候補者はインドに戻ります。インドに帰国すると、CIIとNTPLは候補者がインドで適切な職を探すのを手助けします。

注意すべき他の特別な点は何ですか?

以下の重要な点に注意してください:

  • 1.遅くに来ることは、トレーニング期間中は許可されません。 警告が表示されます。 3回遅刻した場合は、TITPプログラムで解雇されます。
  • 2.休暇はありません。 土曜、日曜、祝祭日のようなNTPLの休日も利用できます。
  • 3.ドレスコードは、インターンシップ中に推奨される通りに厳密に従わなければなりません。
  • 4.日本のマナーはトレーニングプログラム中に教えられ、厳密に従う必要があります。

略語:

TITP – Technical Intern Training Program

OTIP – Organization of Technical Intern Program

OJT – On the Job Training

MoU – Memorandum of Understanding

MoC – Memorandum of Cooperation

R4J - Ready for Japan