インフラストラクチャ アプリケーション サービス

サービス

ヘルプデスク・監視・運用支援 サポートサービス

サービス内容

運用支援

分類 メニュー 内容
対応サービス ヘルプデスク 問い合わせ対応言語
オペレーション代行
監視 アプリ・インフラ動作監視
アプリケーション アプリケーション運用保守
インフラ インフラ運用保守
オフィスのIT環境構築
トレーニング ユーザトレーニング
レポート システム運用状況の報告
(月次・週次での障害報告・不具合報告、課題管理の報告)

サービスレベル

メニュー分類 メニュー 内容 備考
サービス提供対応可能時間 サービス提供時間
  • 通常業務:8:00-18:00(現地/日本)
  • 24時間対応
 
サービス提供日
  • 通常業務:平日(現地/日本)
  • 365日対応
 
対応言語 英語
  • 日本語
  • 中国語
  • タイ語 等
英語
  • 英語
  • 日本語 ドイツ語
オンサイト提供可能地域 アジア(ASEANおよび日中韓)等 IND, JP, SNG, MAL, HK、Middle East
サービス提供方法
  • オフサイト(メール・電話
  • オンサイト(現地への出張)
両方とも

NTPL グローバルシステム運用管理 サポート概要

サポート概要

サポートエリア

Nihon Technologyは、以下のエリアにおいて段階的かつ効率的に、ヘルプデスク運用サポートを実装中である。

NIHON TECHNOLOGYサポート拠点はインドである。

Support Area

サポートサービスモデル

Support Services Model

運用企画にあたってのメリット

Operation Planning

セキュリティオペレーションセンター

HOW NTPL-SOC の機能?

主な特徴

  • ビジネス拡大を実現させるために顧客満足度の向上
  • セキュリティアタックを予測し、疑わしい侵入を未然に防ぐ
  • 重大なインシデント、アラートに即時対応(24時間365日)
  • フレキシブルかつ機敏な運用を保証
  • 集中化された遠隔サポートによりセキュリティサポートのコスト削減を実現

SOC 構成

SOC Configuration

基盤と責務

Foundation Responsibilities

役割とインシデント対応

Roles IncidentResponse

NTPL-SOCの特性

  • リアルタイムモニタリングにて24時間365日サポート
  • NTPL-SOC のスタッフィングを含む : SIEM 作成者, L1 & L2 アナリスト, SIEM エンジニア, SOC マネージャー
  • それぞれのシフトごとに取り扱われたインシデント/アラートの詳細情報を、日報として顧客に送付
  • 顧客指定の期限内にSIEM コンポーネントの稼動チェック
  • 顧客の要望に合わせて、巧妙なアタックを検地するための脅威となるユースケースを考案
  • SIEMの法則を調整することで擬陽性のアラートを低減
  • 顧客に合わせたフォーマットによる週次/月次 レポートを作成
  • 顧客のニーズにあったサービス履行のため定期的に電話会議を実施
  • いかなるクリティカルなアラートにもEメールにて連携し、電話による対応も可能
  • 迅速な対応と顧客と交わしたSLAの達成

基盤セキュリティ

Infra Structure Security

脆弱性の評価と侵入テスト

NTPLはここ4年間、脆弱性および侵入テストに注力、脆弱性を発見し、その重要度に合った解決策を提案します。

Vulner Ability Assessment Penetration

実行モデル

vulner Ability Assessment Penetration Testing

概要

脆弱性の評価と修復はコンピュータシステムを強化する為に使用されますが、システム妥協の可能性を特定する為に定期的に適切な侵入テストを実施することも重要です。侵入テストの主な目的は特定された脆弱性の利用可能性を特定することです。

侵入テストと脆弱性評価のツールでアプリケーションに存在する欠陥とその欠陥に関連するリスクが詳細な画像に出力されます。

脆弱性評価と侵入テストプロセス

Vapt

脆弱性評価及び侵入テストには以下のプロセスが含まれています。:

  • 方法(ブラックボックス/ホワイトボックス/グレーボックステスト)
  • 情報収集
  • 脆弱性の検出
  • 脆弱性スキャンの要約
  • 情報分析と計画
  • 侵入テスト
  • 特権エスカレーション
  • 結果分析
  • 報告
  • 掃除

テクノロジー

ハードウェア、ソフトウェア又はネットワーキングシステムは安全である必要があり、デザイン、開発、及び統合時セキュリティのベスト実践を守る事が重要です。セキュリティ標準とモデルは安全なシステムの開発と保守のベースラインを提供します。 情報システムのライフサイクルの様々な段階では脆弱性が侵入する可能性が有ります。従って、脆弱性を識別し、評価し、開発運用時に脆弱性を緩和する必要が有ります。NTPLはツールベースと手動VAPTで経験が有ります。

概要

ITサービスデスクはお客様の全てのサービス要求及びその他の技術問題の連絡窓口です。 NTPLはヘルプデスク、資産管理、ビジネスプロセスをITサービス管理インフラストラクチャに統合する為の集中的なアプローチを提供します。 ITILの基準に準拠して弊社のプロセスは様々なワークフローで自動化されています。保守契約、ソフトウェアライセンス、サービスレベル管理、可用性管理、財務管理等のITサービスの継続性の管理における他の機能用のインタフェースを提供します。 これにより、弊社はビジネスを成長に導く為のリソースを管理します。

サービスとサポートの手続き

  • ITユーザー向けのヘルプデスク(単一の連絡先)を設定します。
  • 主要なヘルプデスク技術(任意の発券ツール)を実装します。
  • オンサイト及びリモートヘルプデスクを実行してデスクトップ及びサーバーの問題をサポートします。
  • ヘルプデスクユーザーの為の知識ベースを作成して維持します。
  • デスクトップアプリケーションとオフィス生産性ツールでユーザーをサポートします。
  • エンドユーザーの電話サポート。
  • 電子サポート - (電子メールサポート)。
  • 効果的な問題の診断と解決。
  • ヘルプデスク評価コンサルティング。
  • エンドユーザー満足度の監視とウェブアクセス可能なレポート